七田教育を受けるとどうなるか

これは、皆さま、気になるところですね。

私(教室長)は、

わが子の胎教から、しちだに触れ始めました。

ですので、20年以上ということになります。

 

教育系の学校で学びましたので、

実は、学生時代から、七田眞先生の著書を読んでいたという

学生時代の友人もいました。

ずっと後でわかったことですが。

私は、子どもを授かってから七田を知りました。

そこから、

まっしぐらです。

 

この夏、

春に上京した子どもが、

帰省をしました。

 

久しぶりに会って、ほんとに、嬉しかった母ですが、

一晩経つと、

何とも言えない空気がやはり漂いました。

あーこの感覚。

手元に居たころの、あの感じをすぐに取り戻しました。

 

母子の距離感。

空気のような距離感。

七田で育ててもらった距離感です。

 

ぶれない子どもに育ったなあと、

しみじみ。

やはり、七田っ子ですね。

 

 

 

 

グリーンが大好きなわが子です。

高校生の時は、

誕生日プレゼントは、

いつも観葉植物をリクエストでした。

面白いですね。