最後までやり遂げる力をつけるには

年少さんクラスや、年中さんクラスになると、

一つの取り組みにかける時間が少し長くなります。

でも、リズムとテンポは七田のレッスンでは

大事なポイントですから、かなりスピード感を持ったレッスンであることは間違いないです。

頭の回転が速くなればなるほどスピード感を好むようです。

積み木や図形の取り組みでは

いくつもを中途半端にするのではなく

これ!

と決めたものを(自分で!)
最後まで粘ってなんとかやり切れるように励ましていきます。

たとえ、時間がきてしまい仕上げることができなかったとしても

手を動かしたその過程をきちんと認め、ほめます。

試行錯誤力が必ず高まってるからです。

正解や速さにこだわるのは(親がニコニコ)、結局はあんまり力になってないということを知るのが大事ですねニコニコ