暗唱が目的になるのはダメ

暗唱のための暗唱になるのはちょっと違うな。

といつも思うのです。

七田の取り組みって、

目的はすごく深いところにあって、

普段はなかなか顔をださないもの。

というか、ほんとにデキる子は

それを表にださないから、あんまりよくわからないかもしれないですが、

小さいときに必ず親がこういうと思うのです。

「能ある鷹は爪かくす」

と。

何が言いたいのかというと
七田の本質を親がきちんとわかって、淡々と、ポイントを押さえた取り組みを家庭でなさっていると

かならず実を結ぶということなんです。

こどもは、自分の得意なことを見つけると、そこから、ぐーんと伸びていきます

その伸びるときに、七田でママが学んだことが生かせると思うのです。

そう、まず我が子の興味ありき。ですね。

親がいつまでも引っ張っていくと、いつか空回りするときが来てしまうのですよニコニコ

七田式栗東教室のブログ