我が子の様子をつかむ

誕生から、今まで、誰よりも我が子のそばにいた

ママ。

いえいえ、小さい頃から働きに出ていたから、そんなことはないです。

昼間は、離れている時間が長いから、そんなことはないです。(園のせんせいの方が長く過ごしているわ。)

我が子が何かサインを出していたとしても、気づきっこないわ。(だって離れてるんですもの。)

私だって、一生懸命やってるの。我が子にも、もうちょっと頑張ってもらわないと!

我が子の心は離れていくばかり。

様子がおかしい時、

やっぱりわかってほしいんですよ。

ママに。

ママの腕の中で泣きたいんですよ。

これは、仕事を持たないママも同じことです。

いかに、寄り添い、共感できるか。

園のお迎え時に、様子がおかしかったら、

と、まず立ち止まってください。

また、登園時の様子にも注意ですね。

もし、自分の担当じゃなくても、時折、担当を代わるのも必要になるのかもしれないですね。

ママじゃなきゃ嫌だ!

という気持ちにフタをさせることだけは、絶対に避けてください。

緑にかこまれた癒し空間 七田式栗東(りっとう)教室はこちら

栗東教室の教室長BLOGも見てね♪