思いやりの心はどう育つ?

昨日は夕方から思いがけない雨となりました。

私の天気予報チェックがあまくガーン朝ベランダに洗濯物を全部出してきてしまいましたガーン

帰宅する頃には、本降りになり、あー、まず帰宅したら洗濯物のやり直しからだな。とがっかりしていました。

息子はテスト期間で早く帰ってるけれども、勉強に熱中してるだろうから(希望ガーン)、息子が入れてくれたかな?とか思わないでおこう。と考えながら、車を運転していました。

前にもよくあったんです。
入れてくれてたこと。

昨日は。

やっぱり。入れてくれてました。

それも、室内でもさらに乾くように、一つ一つ丁寧に工夫して、洗濯物がかけられていました。

「入れてくれたん?忙しいのにごめんな。助かったわ。ありがとう。」

と。声をかけました。

「ん。」

と息子。

お手伝いは二歳あたりから始まるのですが、
必ず、

「ママ助かったわ。ありがとう。」

と、声かけをしていましたね。

七田眞先生の教えですね。

その頃は、今こんな風に思いやりのある15歳男子に育つとは想像もつきませんでしたがニコニコ

気をつけてきたのは

「こどもの顔が曇るようなデリカシーのない言葉をママが発しないこと」

です。

みなさんはどうですか?

そして、こどもがしたことを当たり前だと思わず、認めることが大事だと思います。

息子も、ママ仕事から帰って、洗濯物濡れてたらがっかりするだろな。と私を思いやってくれたのでしょうね。

思いやりというのは、一朝一夕には育たないもの。

一日一日の積み重ねですねニコニコ

CLICK please.↓Thank you!

にほんブログ村

クローバー緑に囲まれた癒し空間 

七田式栗東教室はこちら→★

クローバー栗東教室の教室長BLOGも見てね♪→★

クローバー受講生募集中!

 七田式胎教講座日程はこちら→★

クローバー七田式七田式赤ちゃんコース受講生募集!日程詳細はこちら→★

/>