小学生コース紙芝居で人間学

小学生コースは、

ほぼ毎回、

紙芝居があります。

偉人伝です。

最近は、

「ガリレオ・ガリレイ」

です。

 

いわずもがな「地動説」を訴えた人物ですね。

 

「正しいと思ったことを、言い続ける」

ということは、

本当に勇気がいることです。

子どもたちは、

日々の暮らしの中での、自分の状況と重ね合わせながら、

話に聞き入ります。

紙芝居は、

何回か続きます。

その日その日で、感想が違ったりします。

面白いです。

 

どの子も、

「正しいことを、正しいと信じて、勇気を出して、行動した」

ガリレオさんに、

大変共感したようです。

 

 

地元のレモンが売っていました。

レモン。

今、木になるのですね。

 

まだまだ

知らないこといっぱい!