夏ならではの訪問者

処暑を過ぎたというのに
朝からギラギラと太陽が
照り付けています晴れ

今朝、ベランダの網戸に夏ならではの昆虫がとまっていました音符

「セミ」

です。

お腹をこちらに向けて、

しがみついていました。

まじまじと観察しました。
少しこぶりで、

羽は透明で涼しげ。

ストローのような口がなんともコミカル。

「ツクツクボウシ」

だと息子が教えてくれました。

オスかな?メスかな?

と、話していると、

『ン長音記号1ジュクジュク、ン長音記号1ジュクジュク、オーシンツクツク、オーシンツクツク、チュクテイーオ、チュクテイーオ、ン長音記号1長音記号1ダウン

ものすごい音量で鳴きました。(オスだったようです)

15秒ほど鳴いたあと、だんまりを15分。

その後、また先程と全く同じ鳴き方で15秒。

見事な鳴き方に感心。

お腹から下のジャバラのような部分をうまく伸縮させて、音を出しているようです。(とても速いスピードでした音符)

セミの大合唱もあと少しかと思うと淋しい気がします

一生懸命鳴いているセミの姿に心打たれる朝のひとときでした。