ここから始まる七田式~そこからしか始まらない七田式♪

滋賀の、七田式栗東教室、教室長ブログです。

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

↑「イメージ画」です。

Yちゃんのもの(年長児さんの時)

「イメージトレーニング」の後の「描き出し」です。

 

お正月に、

おもちを焼いて食べる

というイメージトレーニングです。

 

イメージトレーニングは、3分程度。

その後の「描き出し」はものの5分です。

 

頭の中にある映像を、「描き出す」だけなので、そう時間はかかりません。

が、この絵が描けるということは、

本当にすごいことなのです。

 

七田で言う「イメージ力」を習得している証なのですから。

一朝一夕には、習得できない力ですね。

テクニックだけでもなさそうです。

 

 

最近、若いお母さん、お父さんの中には、この「イメージ力」に興味を持たれて、

七田の門をたたかれる方が、増えてきたように感じています。

 

 

初対面の際に、「イメージ」というワードを口にされるママ、パパにお会いすると、

感動すら覚えます。

 

なぜなら、

七田第一世代ともいえる年代の方が、

着実に、親となられているのを実感するからです。

 

また、七田っ子が、社会の中で、活躍されている時代がきているのを、

肌で感じるからです。

 

これこそ、まさに、七田眞先生が、思い描いていらっしゃった世界、、、

 

七田の子で溢れる世界を創っていくためには、、、

 

子どもさんが

「生まれてきてよかった」

「お母さん、お父さんのところに来てよかった」

「私はここにいていいんだ」

「お母さん、産んでくれてありがとう」

・・・

心から、思うことが大事。

子どもさんが、心から、感じることが第一条件ですね。

 

 

子どもさんは、無条件の愛を求めています。

無償の愛を。

 

言葉で、

態度で、

伝えるのは、

親の役目。

「生まれてきてくれてありがとう」

これ以上の言葉があるでしょうか?

 

 

七田眞先生は、その言葉を言うのに、最初は抵抗があったとしても、

何十回、何百回言うんですよ、という事を、強く言われました。

たとえ、最初は、

心がこもってなかったとしてもいいから、

口にすることが大事ですと。

 

未来を作るのは、

親の想いや言葉なのだと、、、

 

眞先生から、教わったことは、たくさんたくさんあるのですが、

この話は、特に、思い出深い話です。

 

 

▼▼七田式栗東教室オリジナルサイト▼▼

人気コーナー「栗東教室ママのプリントの工夫」etc

↓↓↓↓ click please

 

 

 

 

▼▼七田式・滋賀代表のブログ▼▼

世界各地にたくさんの読者をもつ伝説のブログ♬

↓↓↓